社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

女性の服装

女性の服装

女性の服装

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の服装には、ルールがない。

“マナー”として周囲との調和を考える。

色は、ベーシック、ニュートラル、アクセントの3色を調和させる。

◎マナーとして着こなす。

女性が本格的に社会進出してから数十年、制服以外に決まった服装はない。

女性の服装は、マナーと考えて身だしなみを整える。

具体的に言うと、ジーンズ・派手な服装・露出度の高いものは不向きである。

相手に好感を与え自分を表現できるようなものが望ましい。

◎ビジネスウエアの色づかいのポイント

  1. アウターはベーシックに アウターやパンツ、スカートは、紺系、ベージュ系、チャコールグレー、こげ茶。
  2. インナーはニュウトラルに オフホワイト、パールグレー、ボーンカラーが基本、肩幅が広い人はシャツ、なで肩の人はフリルつきなどが合う。
  3. アクセサリーでアクセント アクセサリーやベルトなどで色彩効果を演出する。アウターと対照的な色とする。

◎総合職などの場合は、パンツスーツとし、一般職などの場合は、スカート中心とする。

共通しているのは、インナーは白系を基調に、ストッキングは自然な肌色で、柄ものはダメ、パンツスーツでは、ひざ下までのショートストッキングとする。

◎ニュートラルのカラーのインナーで多彩な組み合わせとする。

インナーとアウターを調和させる。オフホワイト、パールグレー、ボーンの3色をそろえるとあらゆるスーツに合わせられる。

また、なで肩の人は、ブラウスやフリルつきとする。

カットソーでもよい。それまでの自分と違う一面が出て、個性を演出できる。

◎会社の先輩の服装を見ること。

女性の身だしなみの基本は、会社によって異なる。

そこで、諸先輩の服装の傾向を見て、自分にどう取り入れるべきかを考える。

ただし、先輩よりラフな格好はしないように注意すべきである。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です