社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

ワイシャツ

ワイシャツ

ワイシャツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツを汚れから守るために生まれたのがワイシャツである。

ワイシャツ1枚でいるのは感心しない。

白は本来は、式典用である。

色の淡いカラーシャツを加える。

◎清潔感を第一とする

ワイシャツは、そもそもは下着の仲間であるからスリーピース(三つぞろい)のベストが存在する。

このベストは、上着を脱いだとき、人前に、下着姿をさらさないようにするという配慮から生まれた。

そこで、ワイシャツの役割がはっきりしてくる。

スーツを汚れから守ることと汗をスーツに写さないことである。

袖先や襟元から少しワイシャツが見えるのは、そうした汚れやすい部位からスーツを守るためである。

そう考えると、購入する際は、スーツに合うかどうかの他に「清潔感」も重視する。

ワイシャツは、下着であるから、毎日洗濯することで、周囲に汗ジミやにおいで不快感を与えないこと。

◎色選びは慎重にすること

「白」は日本の常識であり、海外では式典用である。

外資系企業や海外との取引が多い会社ならペールトーンとよばれる、薄いパステルカラーのシャツがよい。

柄は、シンプルなストライプ。

チェック柄はカジュアルな印象を持たれるので避ける。

◎カラー(襟)のタイプ

ワイシャツはカラーの形状によって印象が変わる。

着慣れてきたら違うカラーにも接する。

ただし、ボタンダウンはカジュアルな印象が強いので注意。

まず、

  1. レギュラーカラーは、標準。基本スタイルとして数着用意する。
  2. ロングポイントカラーは、レギュラーカラーよりも襟羽が長い。首元が引き締まった印象を与えられる。
  3. ワイドカラーは、襟の開きの角度が大きい。肩幅が広い体格のいい人によく似合う。

◎カフス

カフスとは、ワイシャツの袖口のこと。

カフスボタンは式典でつけることが多いが、ビジネスでもよい。シングルタイプは、ボタンとボタンホールで留めるだけ。シンプルなものがよい。

ダブルは、袖を折り返してからボタンを留める。

こちらのほうがよりフォーマルである。

◎揃える枚数は最低6枚

多忙で休日にしか洗濯できなくても支障がないように、最低6枚用意する。

色は説明会や先輩社員を参考にする。基本は白をベースに1~2枚だけ色もの。

外資系の場合は比率が逆転してもよい。

ワイシャツの耐久年数は2年と考える。

袖口や襟先などに汚れやほつれが目立ってきたら取り替える。

◎下着にも気を使うこと

高温多湿の日本では、下着の上のワイシャツは、二枚重ねでやむをえないが、Tシャツの絵柄や色が透けて見えるのは感心しない。

汗を吸いやすく乾きやすいスリーブレスタイプが望ましい。


« »

コメント

  • デキる男がこだわるワイシャツ。実は奥が深いシャツの着こなし | modeblog より:

    […] 出典ワイシャツ | 社会人として身につけておきたいビジネスマナー […]

  • デキる男がこだわるワイシャツ。実は奥が深いシャツの着こなし - ビジネススキルまとめ より:

    […] 出典ワイシャツ | 社会人として身につけておきたいビジネスマナー […]

  • デキる男がこだわるワイシャツ。実は奥が深いシャツの着こなし - ビジネススキル向上委員会 より:

    […] 出典ワイシャツ | 社会人として身につけておきたいビジネスマナー […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です