社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

メイク、ヘアスタイルの基本

メイク、ヘアスタイルの基本

メイク、ヘアスタイルの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然な化粧が理想である。完璧主義はダメ。

化粧が目立たないように自然に。

しっかりメイクしても仏頂面ではダメ。

豊かな表情が周囲から注目される。

◎ビジネスの顔は表情>メイクでつくる

自然な化粧とは、薄化粧のことではなく、化粧をしているのに目立たず、自然に生き生きとした表情に見せるための化粧が重要である。

そして、相手を不快にさせず、自分の意思をはっきりと示す表情である。

表情は、化粧以上に大事なビジネスアイテムである。

これは、男性も同様で、鏡の前でチェックすること。

◎自然な化粧のための4項目

たくさん塗るのではなく、表情を最大限に生かすような化粧を心がけること。

厚化粧もスッピンも感心しない。

あくまで健康そうに見せること。

ファンデーション 顔色は体調によって変わる。コンディションがよく見えるようにファンデーションで整える。
眉(アイブロウペンなど) 元気さを演出する。はっきり描くと不自然なので、眉頭をぼかして自然な感じにする。
チーク 血色よく見せる。頬の骨格を意識しながら、自然な赤みを与える。
口紅 チークと同様血色よく健康的に。仕上げにグロスを軽く塗り、ハリとツヤを出す。

◎自分を演出する2大要素

1、表情

笑顔が自然につくれるように、毎朝、鏡を見て口角と眉を動かして、表情筋のストレッチを行う。

やわらかい筋肉がつくる自然な笑顔は、相手に好印象を与える。

2、髪形

スタイルは、清潔さを大前提とする。前髪を垂らしても、目ははっきり見せること。

男性は襟足を伸ばしすぎず、ジャケットと髪のあいだからシャツの襟が見えるようにする。

色は、男性は黒がベスト。濃い目の茶色でもよい。

女性は少し明るくてもよい。

基準は職種とか会社によって異なる。

先輩を参考にそれより明るくしすぎないようにする。

長髪をまとめる場合に使うシュシュやピンも、アクセサリーである。

柄が目立つものやキツイ色合いのものは避け、おとなしくまとめるのがマナーである。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です