社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

カジュアルスタイルの基本

カジュアルスタイルの基本

カジュアルスタイルの基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

革靴に合わせると失敗しない。

露出は、腕、足など、1か所だけとし、ほかは隠すのがビジネスマナーである。

◎ビジネスカジュアルを目指す

会社の服装の自由化が進んでいるが、何を着てもいいわけではない。

きちんとした「ビジネスのカジュアル」を着こなす。

ポイントは靴である。

男性は革靴、女性はパンプスを履き、それに合わせて、スラックス、シャツと決める。

これだけで、ビジネスに通用するカジュアルになる。

最初の1年は、すこしずつ購入する。

◎男性のビジネスカジュアル

革靴に合わせて濃い目のスラックス。

ベルトをこげ茶でおとなしくし、薄い色のシャツで清潔感を出す。

ジャケットはビジネスを意識している。

ポケットチーフがワンポイント。

◎女性のビジネスカジュアル

ひざ丈のスカートなので、胸元の露出を控えめに。

ふだんはNGのスカーフをワンポイントにしているため、アウターはおとなしい印象のものを選んでいる。

◎カジュアルのポイント

ジーンズは本来はダメ。

しかし、濃い色のジーンズに革靴とジャケットを合わせればOKな職場もある。

女性は腕、胸元、足のうち、1か所を露出させる。

露出なしでは地味。

2か所以上の露出は、遊びの領域になる。

◎次の服装は遊び用で、絶対にダメ

ノベルティTシャツ、キャミソール、カジュアルジーンズ、スポーツウェア

◎アクセサリーの種類

仕事のじゃまになるものはダメ。

光の強いものもダメ。

あまり華美なものにしないこと。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です