社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

仕事の基本 気持ちよく円滑に進めるためのルール

仕事の基本 気持ちよく円滑に進めるためのルール

仕事の基本 気持ちよく円滑に進めるためのルール

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールの存在理由が2つある。

それは、仕事の関係者を不快にさせないことと、効率的に仕事をするためである。

仕事は必ず集団でするものである。

自分の周囲には、サポート役、監督役、応援役がいる。

◎仕事とは

その問いに対する答えは、報酬獲得、自己成長、社会貢献、……。

それ以前に、単純であるが理解しておかなければならないことがある。

それは、会社は集団社会であり、一致協力して利益を生み出す組織であることを個々の社員が認識することである。

仕事人すべてが、気持ちよくスムーズに作業できるために存在するのが、ビジネスマナーである。

以下の礼儀作法やルールは、社会人として最低限身につけておくべき事項である。

◎ルールの存在理由

集団社会では、当然のことながら礼儀作法やルールが存在する。

個々の社員が勝手な行動をすると、周囲が不快になったり、業務が滞ることがある。

職場のルールは、そうしたことを未然に防ぎ、全員が快適に働き、スムーズに業務を遂行するためにある。

ビジネスマナーは、国内企業なら大部分が共通である。

しかし、一部の業界では、服装・書類など部分的に異なる場合もある。

こうした業界では、そうなる歴史的経緯があり、そうしたルールを守ることが、仕事を進める際のベースとなる。

◎仕事の基本8項目

初歩的であるが、大事なことでもある。

時々参照すること。

基本1、好感を与えるふるまいを 本人の不快感は、周囲の人にも不快感を与える。それでは仕事の効率の低下であり、周囲の協力を得られない。日頃の態度、返事にも相手へのおもいやりが大切である。
基本2、環境が成果を左右する デスクの周囲やパソコンの中、カバンの中など、周囲の環境を整えると効率の向上、成果アップにつながる。
基本3、時間や納期は厳守 スケジュール管理と業務処理能力を向上させ、約束した期限を遵守すること。日々スケジュールを見直し、変更点は関係者に告知する。やむなく遅れる場合は事前に連絡をする。
基本4、軽い仕事と侮らない 簡単な仕事だからといって、手抜きは厳禁である。手抜きをすると、記入ミスや納品間違いといったケアレスミスが頻発する。
基本5、仕事はチームワーク 仕事は契約を取った人だけの手柄ではない。一般職、先輩、上司がいたからこその成果である。自分の力を過信せず、周囲への感謝を忘れないこと。
基本6、自分ひとりで背負わない ひとりで何でも抱え込まず、仕事量が限界に達したら、同僚に任せること。無理をして会社や取引先に迷惑をかけないように。報告、連絡、相談を忘れないこと。
基本7、神様でも小間使いでもない ビジネスは、対等の商取引である。何でも顧客の条件をのむべきではない。逆に、下請けや孫請けだからといって見下してはいけない。
基本8、こだわりと妥協の繰り返し 新人のころは、完璧主義に陥りがちである。しかし、あまり集中しすぎると、作業が停滞することがある。ある程度で妥協することも心掛ける。それが次の成長につながる。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です