社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

役職の呼称・よびかけ方 縦型組織の理由は、効率とリスク回避である

役職の呼称・よびかけ方 縦型組織の理由は、効率とリスク回避である

役職の呼称・よびかけ方 縦型組織の理由は、効率とリスク回避である

このエントリーをはてなブックマークに追加

作業効率向上と、利益の増進のためには、命令系統の明確化・単純化が不可欠である。

そのための役職の存在である。責任・権限の範囲は、利潤追求を目的とする民間企業では、リスク回避を極限まで考え、区別されている。

◎上司は役職名でよぶのが基本

日本の会社組織は、完全な縦型社会である。

これは、命令系統の明確化や、責任・権限の範囲を区別するために必要不可欠である。

そこを逸脱すると、会社の不利益につながる。

役職名は、社内での呼称でもあり、これを間違えるのは、相手を軽んじていることになるので、絶対に避けること。

ただし、顧客の前で、上司を話題に出す場合は、役職ではなく名字の呼び捨てとする。

◎上司のよび方

  1. 「名前+役職名」 社員どうしでよぶ際の一般的な形。たとえば「〇〇課長」というよび方。「〇〇課長さん」は、二重の敬称でNG。「課長付」や「課長補佐」などの場合は、社内のルールに従う。
  2. 「さん」づけでよぶ。 最近、上司に対しても「〇〇さん」とよぶように指導している会社も増えている。これは、会社特有の方針であるが、友人関係でないことは肝に銘じておくこと。

◎同僚や後輩のよび方

男女とも「〇〇さん」とよぶのが無難。

なかには愛称が通用している会社もあるが、社外では、そのクセは禁止。

◎役職の序列と役割

<国内一般企業>一般的な役職とその職域である。

会長 取締役会の会長である。大部分は前社長が就任する。名誉職の場合と代表権をもつ場合とがある。
社長(代表取締役) 会社組織のトップ。つねに代表権をもち、会長がいる場合はどちらかが会社の実権を握る。
副社長 社長の直下の役職。社長不在時には、代行総責任者である。複数いる場合もある。
専務 役員職。会社経営に携わり、社長を補佐し、専門領域をもつことも。代表権の有無は会社による。
常務 役員職。社長を補佐しつつ、日常業務の総合的管理を行う。代表権の有無は会社による。
部長 特定部門を総括する管理責任者。日々の業務に関する権限が大きい。取締役に任ぜられる場合も。
次長 部長を補佐する役職。部内の運営実務を日常業務とし、部長不在時はほぼ同等の権限をもつ。
課長 部内に細分化された特定の課の長。日常業務の管理責任者。現場のリーダー的な位置づけ。
係長 特定の業務に特化して処理・管理の責任をもつ役職

<外国の企業>国や会社によって呼称が異なる場合もある。

Chairman(Chairperson) 会長職。スポーツ関連ではおなじみ。会社組織としては名誉職の場合もあれば、実質的な最高権力者である場合もある。
President 社長職。会社組織トップ
CEO(Chief Executive Officer) 最高経営責任者。経営を執行する最高責任者をさし、にほんでは代表権を持つ会長または社長にあたる。
COO(Chief Operating Officer) 最高執行責任者。経営方針や戦略をもとに業務を執行する。日本では副社長にあたる。
CFO(Chief Financial Officer) 最高財務責任者。財務の視点から企業戦略とオペレーシャンに携わる経済面でのトップ。
CAO(Chief Administrative Officer) 最高管理責任者。経理・総務部門の最高責任者のこと。公認会計士やMBAの有資格者が努める場合が多い。
CIO(Chief information Officer) 最高情報責任者。会社内のさまざまな情報や情報技術に関する最高責任者。国内企業でも設置する企業が出てきた。
General Manager Managerクラスを束ねる総括的な管理職。ホテル業界では「総支配人」とされるが、業界・企業によって権限に大きな差がある。
Manager 一般的には、Subsectionのリーダーを現場レベルで統括する管理職。
Subsection Chief 現場の一部門を担当するリーダー。これ以下はStaffとなる。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です