社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

始業前の準備 本来の業務即開始のために

始業前の準備 本来の業務即開始のために

始業前の準備 本来の業務即開始のために

このエントリーをはてなブックマークに追加

当然のことながら、15分前の出社で、労働環境を点検整備すること。

始業前でも一日の仕事のためのルールを守る。

◎仕事の能率向上のための準備

始業時間とは、いうまでもなく会社の営業開始時刻である。

そのためには、服装、デスク回りの掃除その他、会社員は準備万端整えておかなければならない。

業界や業種、会社によって異なるが始業開始時に、体制を万全にしておくことが、ビジネスマンの心得の基本である。

◎始業前の遵守事項

次のようなチェック表を作り、デスク上に置いて、その全部をクリアして仕事を開始する。

始業前の準備チェック

□制服に着替える □来客者のための準備
□デスクの掃除・整頓 □積極的なあいさつで働きやすい雰囲気に
□パソコンを立ち上げる □窓を開けて新鮮な空気を入れる
□メールや業務連絡の確認 □スケジュールボードなどをきれいにする
□一日の作業内容・手順を確認 □観葉植物などの世話をする

◎絶対禁止の行動

  1. ギリギリ出勤は、やる気のない社員の証拠である。
  2. 仕事に無関係の娯楽目的の読み物は厳禁。業務に関連するものであれば許容範囲。
  3. メイクは出勤前、デスクや電車内は論外である。
  4. 携帯でメールは、緊急時でない限り、指摘な行動とされる。必要な場合は、準備終了後、始業までのあいだに室外で。
  5. 朝食をデスクでとる。においが、周囲に迷惑となる場合もある。
  6. パソコンで遊ぶのは厳禁である。電気代という経費がかかる。

◎早出残業の是非

これは、企業にもよるが、難問である。

生活リズムが乱れて肉体的・精神的疲労が増す。

会社によっては規制しているところもある。

上司や先輩に相談すべき問題である。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です