社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

仕事とプライベート 境界線は気持ちの上にある

仕事とプライベート 境界線は気持ちの上にある

仕事とプライベート 境界線は気持ちの上にある

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分なりに前向きに公私を切り替える。

全力でリフレシュして気持ちを切り替える。

仕事に全力で集中したら、遊びに全力で集中する。

そうすることにより成果が上がる。

◎公私のバランスを上手にとる

仕事とプライベートの境界線を引くことは難しい。

残業、上司から誘いの飲み会、接待や付き合いのゴルフ、会社の人からの誘いの遊びなどがある。

これらは、社会人である以上、ビジネスとかかわってくる。

会社とどこまで付き合うかによって、自分の人生が変わってくるので、将来のことを考えて、自分の人生の時間の使い方を見直すのも一つの方法である。

◎自分自身の時間がないと嘆く前にすべきこと

それは、自分自身の仕事の仕方を見直すことである。

残業回避と忙しさを緩和するには、

  1. スケジュールの点検(優先順位、無理と無駄がないか等)
  2. 効率的な作業(仕事の割り振り、協力態勢)
  3. 集中力(自分自身の気持ち、環境整備)

、この3つが必要である。

◎自分なりの切り替えスイッチを作る

  1. ONとOFFは、服装で切り替える。男性の場合は、「仕事着は必ずスーツ」、女性の場合は、仕事着と私服、あるいは靴で分ける。
  2. 大事なルールは「引きずらない」ことである。前日の酒、業務上のミス、休日モードなどを引きずらず、気持ちを自己管理する。

◎仕事とプライベートの境界線

  1. 飲み会や社員旅行などにはどう対処するか どちらもビジネスと考える。全部参加する必要はない。自分なりの基準を設けておく。飲み会には、人脈を広げ情報が多く集まるというメリットもある。チームワークが深まりストレスが発散できるだけではない。
  2. 取引先からアフター5の誘いがあった場合にはどうするか 相手が取引先なら、ビジネスとして極力参加する。人脈と信頼関係を築ける。裏話や役立つ情報を聞くチャンスでもある。
  3. 先輩や上司に誘われた休日はどうするか 公私の境界線上であるが、参加するなら「楽しく」が鉄則である。気が進まないなら断ること。仕事の話は厳禁である。
  4. 社内恋愛 恋愛は完全にプライベート。公私の別は、はっきりとつけること。お互いがその点をわきまえることが重要である。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です