社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

もうひとつの「守秘義務」

もうひとつの「守秘義務」

もうひとつの「守秘義務」

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業社会には、「守秘義務」というものがある。

これは、「企業情報を外部に漏らすことを禁止する」決まりであるが、その目的は、会社の利益増進と会社に関連する人たちを守るためでもある。

会社によって程度の差はあるが、決して破ってはいけないルールのひとつである。

さらにもうひとつの「守秘義務」がある。

それは、社内での会話である。

喫煙場所・給湯室・飲み会の席等で他の社員の噂話をしたり、個人情報を吹聴する。

これは完全なマナー違反であり、周囲の人たちにも動揺を与え、日常業務にも多大な影響をおよぼす。

情報通になるのはよいが、必ず自分で取捨選択することが重要である。

社会人として、当然のマナーをわきまえるべきである。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です