社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

ビジネス会話の基本 目的達成のためのビジネススキル

ビジネス会話の基本 目的達成のためのビジネススキル

ビジネス会話の基本 目的達成のためのビジネススキル

このエントリーをはてなブックマークに追加

すべてのビジネス会話には、到達すべき目的がある。

相手に対しては、自分は会社の代表者であり会社の方針を代弁していると意識して対応すること。

◎会話の目的を意識する

ビジネス会話で重要なことは、「明確な目的がある」ことである。

たとえば、開発手順を説明する、商談をまとめる、会議で報告をするなどである。

大きなポイントが2つある。

ひとつは、相手に礼儀をつくすこと。

もうひとつは、簡単明瞭にすることである。

相手の気分を損ねて商談が破談になったのでは元も子もない。

ビジネス会話では、つねに「目的は何か」を意識することである。

そのためには、正確な言葉の選択と順番、トーンである。

商談の成否も社内での立身出世も、すべての基本がここにある。

◎会社の代表者としての任務と心得る

取引先や新規顧客を相手にビジネスの会話をする際は、自分は会社の代表者であることを認識して話す。

もちろん、相手もそのように受け止めている。

ときには話しずらいこともあるが、必要な情報は伝え、聞き出さなくてはならない。

◎ビジネス会話の基本スタイル

それは、「簡潔に」「正確に」「ていねいに」である。

事前に話しの要点をまとめておき、結論から話す。

簡潔な表現でワンセンテンスを短くすること。

5W3H(いつ・どこで・誰が・なぜ・何を・どのように・いくら・いくつ)をいつも念頭におき実行すること。

具体的な身振り手振りは、

  1. アイコンタクトを意識する。相手の目を見るのは、意思疎通の基本である。自社製品に対する満足度・評価度を込めて。
  2. 表情で気持ちを伝える。自社製品の出来栄えと特徴を笑顔で話す。大プロジェクトなら真剣に。その話し振りが相手の心に伝わる。
  3. ハキハキと聞きやすく 自信のない表現はしないこと。相手は、そんな製品を評価しない。ポイントになる言葉を明確に発音すること。
  4. ていねいな言葉づかいをする なじみのある製品やアイディアだと、言葉が雑になりがちである。それで相手が気分を害したら元も子もない。
  5. 5、重要なことは、言葉を選んでゆっくりと話す。 こうすることにより説得力が強まる。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です