社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

ビジネスでの話し方 相手の興味を引く方法を考える

ビジネスでの話し方 相手の興味を引く方法を考える

ビジネスでの話し方 相手の興味を引く方法を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

相手が複数の場合、いちばん影響力の強い人を中心に考えて話す。

相手が興味を引くことから始める(売上倍増、集客率倍増など)。

◎事前に伝えるべきことを明確にする

  1. 誰に話すのか。
  2. 何を話すのか。

を整理しておく。

また、多忙な人も多いので、「必ず最後まで聞いてもらえる」ことを期待しないこと。

最初に、結論や相手の関心を引き出すことが大事である。

日ごろから、話し方の研究をすること。

望ましい話し方は、最初に簡潔なキーワードで相手の興味を引かせることである。

逆に、ダラダラと長い修飾語を使用することは、相手の興味を引かず感心しない。

◎上手な話し方をマスターする方法

次の3ステップである。中でも文章化が大事である。

  1. 話す対象となる人を決める。「見える化」が大事である。
  2. キーワードを選んで文章化する。魅力的な言葉や表現が大事である。
  3. 本番を想定して、練習をする。途中で、話し方の工夫もする。

◎緊張せずに話す方法

それは、話術のプロ(ベテランのアナウンサーや一流芸人等)を見習って毎日練習することである。

まず、話す目的を明確にする。プレゼンか、価格交渉なのか、お願いごとなのか。

次に、相手のメリットは何か、伝える方法、話の展開まで考えて練習する。

会話術は、究極のポータブルスキルである

会話術は、どこでも使える。

異動先、転職先でも通用する。

機材や荷物も不要である。マスターするのに時間はかかるが、日々の職場だけでなく、家族や友人との会話も練習の場とすべきである。

そのなかで、キーワードなどを発見したら、使う。録音して聞いてみるのも一方である。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です