社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

ビジネスでの話の聞き方 たとえポーズでも興味を示すこと

ビジネスでの話の聞き方 たとえポーズでも興味を示すこと

ビジネスでの話の聞き方 たとえポーズでも興味を示すこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

あいづちやうなずきなどで相手の興味を引くことを心がける。

そうすると、話し手は雄弁になる。

ビジネスの話は、理解したあとで、重要点を問いながら聞く。

◎多彩なシグナルを送りながら聞く

話は、聞くだけでなく、身振り手振りを交える。

また、キーワードを復唱したり、複雑な話なら内容を確認する。

こうした聞き方は、理解していることを話し手に印象ずけることであり、気持ちよくさせ、どんどん話しが進む。

話は、必ずメモをとること。

メモをとることは、相手に対する熱心さが伝わることでもある。

また、あいずちをうつことも相手の話に合わせることであり、望ましい。

次への話を進展させるために、サインを送る。

流れに合わせてバリエーションをつける。

日ごろからの語彙のストックが望ましい。

◎不明点、疑問点はその場で質問する

ビジネスでは、話の要点をつかみ、尋ねながら聞くことが大事である。

もし、疑問があれば、必ず確認する。

話をするタイミングは、話がひと区切りついてからである。

話の要点をつかみ、記録を残すためには、メモを活用する。

熱心にメモをとる相手に対しては、話し手は要領よく、簡潔に話す。

◎聞くのは能動的な行為である

この話から何が得られるのか、自分のビジネスの情報に役立つ情報はないかと耳を傾ける姿勢が大切である。

また、聞くときは、時には、キーワードを繰り返すことも重要なことである。

相手から注目され信頼感を増す。

また、場合によっては、「理解が遅くて~」などとへりくだるのもよい。

こうすると、相手の気分を損ねることがない。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です