社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

言いにくいことを伝える あくまで人間関係。相手に合った対応をする

言いにくいことを伝える あくまで人間関係。相手に合った対応をする

言いにくいことを伝える あくまで人間関係。相手に合った対応をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

大事なことは、マイナス表現をせず、プラス表現をすることである。

誰にでもプライドがある。

ときには1対1でおもいやりをもって接する。

◎ケース1

頼まれた仕事を断る場合 話をいったん聞き、当日の仕事量を正確に報告し、今はできない理由を伝える。納期の優先順位もあり、上司に判断をゆだねる。

◎ケース2

1度聞いたことを再度聞く 「何度も申し訳ございません」「私の理解が不十分で」などと、それまでの経過を自分の責任として再確認をする。わかったふりは禁物。

◎ケース4

取引先の依頼を断る 取引先の依頼を断る場合には、次へのことを考える。相手の意向を受け止め、こちらの状況を伝え、その条件次第で交渉する。判断を相手にゆだね、条件を許容したらその範囲で仕事をする。

◎ケース5

トラブルを上司に報告する トラブルが発生したら、上司に正確、迅速、率直に報告する。事実にどう対処したかを順序立てて具体的に説明する。虚偽説明は、絶対禁止。あとは、上司の指示を仰ぐ。

◎ケース6

取引先にトラブルを伝える 当然のことながら取引先にも連絡をとり、詳細を報告する。原因が委託先もミスであっても責任転嫁せず、自己責任として処理する。冷静に誠意をつくして説明し、関係者と善後策を協議する。

◎ケース7

間違いを指摘する 「ちょっと確認させていただいてもよろしいでしょうか」などと、確認のための質問という形に変える。相手に恥をかかせず、感情的にならないこと。

◎ケース8

苦情をぶつける 相手にミスや不正があり、注意しなければならない場合もある。その際は、相手の面子(メンツ)をつぶさないように配慮する。誰もいないところが望ましい。それでも改善されない場合には、上司に相談して警告してもらう。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です