社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

案内の手順 顧客へ細心の配慮をする

案内の手順 顧客へ細心の配慮をする

案内の手順 顧客へ細心の配慮をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客は不慣れな場所にいるので配慮が大事である。

できるだけ顧客のペースに合わせて歩く。

「歩行中も位の高い人が上座」がルールである。

廊下やエレベーターにも上座はある。

◎顧客が安心できるようスムーズな案内をする

自社内は顧客にとって不慣れな場所である。

最初に行き先を告げてから歩き出すと顧客は安心する。

案内中は相手のペースに合わせ、手で道順を示しながら2,3歩先を歩く。

廊下や階段、エレベーターないでも席次は決まっている。

顧客は上座、案内する側は下座にいるのがマナーである。

また、顧客の正面に立たないようにして、リラックスしてもらう。

◎案内の手順1、行き先を告げて案内に立つ

まず、行き先を告げる。

次に、顧客がおおきな荷物を持っている場合には、「お荷物をお持ちしましょうか」と心配りをする。

◎案内の手順2、2,3歩先を歩く

廊下では中央が上座、下座は右端。

顧客の右斜め前、2,3歩先を顧客と歩調を合わせながら歩く。

自分から顧客に圧迫感を与えないようにやや斜め前へ。

途中、世間話などをして場を和らげる。

◎案内中のマナー1エレベーター

エレベーターに乗るときは、「開く」ボタンを押したまま、顧客を優先する。

混んでいたら、次にする。

エレベーターの上座は出入り口から遠い奥。

いちばん下座は操作盤の前。顧客は奥へ案内する。

自分は下座の操作盤前。

顧客に背を向けるのは、失礼に当たるので背をむけないこと。

◎案内中のマナー2階段

歩きやすい手すり側が上座。

顧客に手すり側を指し示し、案内する。

男性の案内者が女性の顧客の下を上るのは絶対禁止。

ひと言断り、先に上る。男性の顧客なら後ろからでもよい。

下りるときも自分が顧客の前を歩く。

◎廊下を右に曲がるときはどうするか

右の手のひらで示し、「こちらです」とひと言添える。

手のひらを上に向けるのは、「何も武器を持っていません」のサインである。

◎段差があるときはどうするか

段差を示し「段差があるので、お気をつけください」と注意をうながす。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です