社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

訪問の準備 徹底した準備が成功への扉

訪問の準備 徹底した準備が成功への扉

訪問の準備 徹底した準備が成功への扉

このエントリーをはてなブックマークに追加

資料作成や上司との打ち合わせ、交通費の仮払いや出張の手続きなど社内での手続きを済ませる。

訪問前日は、先方へ電話やメールで予定を再確認する。

資料や書類などの持参品もきちんと準備しておく。

◎訪問当日の流れをイメージして準備

訪問日が決定したら、準備開始。

初訪問の会社なら、相手先の事業内容や清貧、経営陣、経営方針などを把握しておく。

商談内容によっては、資料やサンプル、見積書の作成、上司との打ち合わせが必要である。

また、訪問先が遠隔地の場合は交通費の申請や出張の届け出など、社内手続きが必要である。

前日までに、必要なものをすべて準備する。

訪問先までの道順と所要時間も調べておく。

アポをとった日から日時の間隔があいていれば、電話かメールで予定の再確認をしておく。

当日は出発前に服装と持ち物をチェックする。

外出時のルールを忘れないこと(特に、帰社予定時間をホワイトボードに記入するなど)。

◎訪問前のチェック事項1訪問準備のポイント

  1. 訪問先の会社の情報収集
  2. 商談の資料作成や見本の手配
  3. 上司や同行社との打ち合わせ
  4. 出張届や仮払い申請などの社内手続き
  5. 交通手段と所要時間の下調べ(交通の不便のことを考慮して、時刻表なども確認)
  6. 持ち物リストの作成

◎訪問前のチェック事項2身だしなみ

  1. 髪のみだれ
  2. 口のまわりの汚れ
  3. におい対策
  4. 鼻毛
  5. 化粧崩れ
  6. 肩のまわりのフケ
  7. スーツシャツのシワ
  8. 靴の汚れや色落ち

◎ビジネス訪問の必須アイテム

  1. 名刺(汚れや色。量を多めに)
  2. 相手先の周辺地図(経路や所要時間を付記しておくと便利)
  3. 書類・資料・サンプルなど(人数分、新規顧客の場合は、自社の会社案内も)
  4. 時計(5分前到着を厳守)
  5. 携帯電話(商談前には電源をオフに)
  6. スケジュール帳・筆記具・メモ(商談の際に絶対に必要、必ずメモ)
  7. その他(電卓、ICレコーダー、ノートPCなどが必要なことも)

注意すべきことは、メーカーや下請け企業などを訪問する際に、同業他社の商品を身につけていると。

トラブルのもとになることがある。

事前に十分に点検すること。

◎訪問時刻に遅刻しそうなときは

予期せぬ交通事情で遅刻しそうな場合は、できるだけ早く連絡する。

お詫びとともに事情を説明する。

再度の遅刻を避けるため、余裕をもって到着予定時刻を伝える。

到着したら誠意をもって謝罪する。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です