社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

名刺交換の基本 ビジネススキルが一目瞭然

名刺交換の基本 ビジネススキルが一目瞭然

名刺交換の基本 ビジネススキルが一目瞭然

このエントリーをはてなブックマークに追加

常日頃、名刺を切らさないように持ち歩くこと。

名刺交換の姿で、有能さがわかる。

スマートな所作を身につけ、イメージアップをする。

◎名刺はその人自身。敬意をもって扱うこと

名刺は、単なる連絡カードではない。その人自身の表現である。

敬意をもって取り扱うこと。

名刺切れは絶対禁止である。

もし万が一にも切らした場合は、丁重に詫び、フルネームを名乗る。

新しい名刺ができ次第郵送する。

初対面での名刺交換は、自己紹介もかねている。

マナーを守り、きちんとあいさつする。

◎名刺の取り扱いのコツ

  1. 名刺と名刺入れを清潔にしておくこと
  2. 外出や来客前に枚数をチェック
  3. 相手が1人なら、商談中は相手の名刺を名刺入れの上に置く
  4. 受け取った名刺は即日整理する
  5. お尻のポケットに入れるのはダメ
  6. 目の前で名刺に書き込むのもダメ

◎名刺の基本法則

  1. 立場が下の側から順に差し出すのが正しい順番
  2. 役職の高い人から順にわたしていくのが正しい交換の順番
  3. 飲食店などでは、お金を支払う側が上の立場と考える。

◎名刺の保管

五十音順、案件別、会社別など、使いやすく整理する。

会った日付、顔の特徴、趣味や家族構成などをあとで名刺に添えておく。

◎名刺交換の基本

  1. 名刺入れの上へ名刺を重ね、片手で持ってもう一方の手を添える。
  2. 名乗りながら両手で渡す。
  3. 両手で受け取り、旨に掲げて所属・役職を確認

◎名刺交換で両方同時に差し出した場合

  1. お互い右手で刺しだし、左手で受け取る。
  2. 名刺を受け取ったら、すぐに右手を添える

◎名刺交換を複数でする場合

  1. 訪問した側、または立場が下の側が役職順に並ぶ。
  2. 役職が高い人から、順に名刺交換を行う。

◎名刺交換終了したら

名刺入れの上に相手の名刺を乗せ、テーブルに置く。

複数の場合は、相手の席順と同じ順番に並べる。

できるだけ商談中に顔と名前を覚える。

◎相手の名前が判読困難なとき

名刺交換直後に確認し、「おそれいりますが、どのようにお読みすればよろしいのでしょうか」と尋ねる。

◎名刺をうっかり落としたとき

相手の名刺の場合は「たいへん失礼いたしました」。

自分の名刺の場合は、必ず新しい名刺を渡す。

間違っても落としたものを渡したりしないこと。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です