社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

訪問後のフォロー 上手なフォローが信頼感を生む

訪問後のフォロー 上手なフォローが信頼感を生む

訪問後のフォロー 上手なフォローが信頼感を生む

このエントリーをはてなブックマークに追加

商談が不成立でも、メールなら一両日中、手紙なら3日後までに到着するよう作成する。

面談中に解決しなかった問題は、帰社後、すぐに調べて回答すること。

資料作成なども早めに。

◎次につなげる適切なフォローをする

ビジネスを成功させるには、訪問後のフォローも重要である。

日常的な打ち合わせ事項であれば、メールでもよい。

重要案件やトラブル対応であれば、手紙や葉書とする。

また、商談中に回答できなかった事案に対しては、すぐに調査・確認し正確に伝える。

その際は、商談中に回答できなかったことへのお詫びをわすれないこと。

なお電話でのお礼は、先方が回答を急いでいる場合など、やむを得ない場合を除き、なるべく避けること。

◎フォローのポイント

訪問後、時間を割いてくれたことや商談成立に対するお礼を手紙やメールで送る。

その際の重点事項は次のとおりである。

「お礼といっしょに記載したいこと」は、打ち合わせ内容、不明点への回答、大まかなスケジュール、担当窓口の連絡先と担当者名、次回打ち合わせ日程(候補日も)など。

「追って連絡するとよいこと」は、変更点や追加事項、正確なスケジュール、納品後の製品評価・不具合確認、次回打ち合わせ日程の確定連絡、作業の進捗状況の報告などである。

◎フォローのしかた1「会えたことに対するお礼」

新規営業で商談が成立した場合など、会えたこと自体が喜ばしい場合は、手紙が最適である。

感謝の意と「今後ともよろしくお願いします」のひと言を必ず付け加える。

◎フォローのしかた2「継続的なおつきあいの場合」

この場合には、定期的に状況を確認する。

ミスのないように、メールや電話などで逐一確認する。

◎フォローのしかた3「納品をともなう場合」

納品後は、一定期間ごとに製品について、営業担当者に具合をサポートする電話することで、顧客は安心感と信頼感を得る。

◎フォローのしかた4「お詫び訪問の場合」

封書で、遅くとも訪問から2~3日で到着するように投函する。

◎商談成立後は定期的に

商談が成立して取引先とのつき合いが始まった場合には、定期的なフォローをすること。

進捗状況や変更点の把握、定期的に使い勝手や不具合の確認などである。

そうすることによって、次の商談につながる。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です