社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

披露宴の装い~男性編~ 新人は略礼装でもOK

披露宴の装い~男性編~ 新人は略礼装でもOK

披露宴の装い~男性編~ 新人は略礼装でもOK

このエントリーをはてなブックマークに追加

友人・知人の披露宴なら、手持ちのダークスーツと慶事用ネクタイ、ポケットチーフでOK。

ビジネスの一環として出席するなら、昼はグレー、夜は濃紺と使い分けるのがベストである。

◎ふだんのスーツにひと華添えて

披露宴は公的な式典と違い、新郎新婦の個人的なパーティーであるから、あまり格式にこだわる必要はない。

略礼装で十分である。

略礼装とは、チャコールグレーや濃紺のスーツなどを言う。

このスーツに白いワイシャツ、シルバーグレーのネクタイ、ポケットチーフの3点で十分通用する。

ブラックスーツは、日本独自の礼装で外国人が多い披露宴では避けた方がよい。

◎昼の礼装

正礼装はモーニング、準礼装はディレクターズスーツかブラックスーツ、略礼装はダークスーツ

◎夜の礼装

正礼装は燕尾服かタキシード、準礼装はファンシータキシードかファンシースーツ、略礼装はダークスーツ。日没を境に、昼夜を区分けする。

ただし、略礼装は昼夜不問とする。

◎アクセサリーで華やかさを演出する

ネクタイは、日本ではシルバーグレーが主流。

外国ではもっとカラフル。

ネクタイピンは見える位置につけない。

できればカフスボタンとネクタイピンで色を合わせる。

ポケットチーフに色の決まりはない。

ネクタイと合わせるのが無難。

ベストは無地のシルバーで、それに合うジャケットがあれば最良。

なければ、スリーピースのスーツのものでOK。

カフスボタンは手元のおしゃれ。

つけるとかなり印象が違う。

◎「平服で」といわれたらどうするか

これは、「着慣れたスーツ姿」と解釈するべきである。

ジャケットにポロシャツ、ジーンズは禁止。

着る服を事前に点検して、汚れをチェック、気になるようならクリーニングに出しておく。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です