社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

披露宴の装い~女性編~ 会場を彩る華になる

披露宴の装い~女性編~ 会場を彩る華になる

披露宴の装い~女性編~ 会場を彩る華になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は二人の幸せを彩る華。

新婦より目立たない範囲で華やかに装う。

スーツの場合も彩りを忘れずに。

洋装の最上位格は、ワンピーススタイルのドレス。

昼は淑女に、夜は蝶のようにと装いを変えてみる。

◎和・洋より昼・夜に気を使う

キリスト教式だから和装はNGということはない。

格の高いものであればよい。

洋装の場合は、昼は、アフタヌーンドレスなどのワンピーススタイル。夜は、イブニングドレスなどのワンピーススタイル。

そのほかにもあるが、ワンピースがもっとも格上である。アクセサリーについては、光沢のつよいものは、新婦が身につけるので控える。

派手めのもので服装につり合い、新婦よりも目立たないものとする。

◎スーツで参加

ビジネスと同じような服は避ける。

ベロアやシルバーなど、エレガントに見えるものとする。

靴はヒール。

飾りやエナメルの入った派手なものがよい。

アクセサリーは昼ならワンポイントの色づかい、夜ならライトに映えるものなどを合わせ、華やかさを演出する。

◎披露宴に華を添える一着

昼の洋装の基本は、アフタヌーンドレス。

シックな装いをベースにアクセサリーで彩りをそえる。

夜の洋装は、肩や胸が大きく開いたイブニングドレス。

華やかな装いで女性らしさを演出する。

和装は、未婚女性の場合、派手な柄は控える。

既婚者は留袖とする。

◎披露宴に着ていく服がない場合

レンタル業者を探す。

業者は、披露宴会場の人に聞く。

◎披露宴のNGルック

新婦より派手な服装、上下ともに白(新婦と同じ色)、ブラックスーツにシックなアクセサリー(お葬式に見える)、チャイナドレスなどの民族衣装(二次会向き)、アクセサリーのつけすぎ、光りすぎ(ネックレスを2つ重ねるなど)、あまりに盛りすぎたヘアースタイル、ワニ革、蛇革などの革製品(殺生を意味する)、厚底靴やブーツ


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です