社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

香典の基本 違いを知り、失礼のない準備を

香典の基本 違いを知り、失礼のない準備を

香典の基本 違いを知り、失礼のない準備を

このエントリーをはてなブックマークに追加

不祝儀袋の名目は宗教・宗派のよって変わる。

また、御霊前・御仏前は、日数によって変わる。

不祝儀袋の書き込みは、薄墨で書くのが基本。

じかに渡せないときは郵送で。

◎宗教・宗派を間違えない

香典を用意するときは、主教・宗派を確認すること。

仏教では「御霊前」などとなるが、神式では「御玉串料」が多い。

香典は1回通夜に持参すればよい。

告別式だけに参加する場合は、できれば通夜の時点で渡す。

袱紗に入れて持参する。

◎香典の期限

昔の葬儀では弔問客がお香を持参し、それをたいて弔っていた。

時代は変わり、「葬式には金がかかる」という互助の気持ちから金銭を包むようになった。

本来、お香をたくのは仏教のしきたりであったが、今では宗教を問わず香典という形で金銭を包むこととなった。

◎袱紗の包み方~弔事~

裏側の中央よりやや右に不祝儀袋を置く→右、下、上の順に折り返す→最後に左側を折り返す

◎不祝儀袋の書き方

  1. 外袋の表書き 宗教・宗派により異なる。また、四十九日前後でも違う。不祝儀の場合、淡い薄墨で書くのが基本。
  2. 折り方 慶事とは逆。下→上の順で折る。
  3. 中袋の裏の差出人 書き方はご祝儀袋と同じ
  4. 金額 金額を中袋裏側へ記載する。額は故人との関係により異なる。新札だと亡くなることを予期して用意した印象を与えるので、必ず折り目のついたお札を使うこと。

◎宗教別水引・表書き一覧

仏式

神式

キリスト教式

無宗教・不明

水引 黒白、黒銀 蓮の花が描かれたものは仏式 黒白、双白、双銀 なし、十字架やユリが描かれているのはキリスト教式 黒白、双銀
表書き 御香料、御仏前 後神料、神せん料、御玉串料 御花料、御霊前 志、御花料

◎直接渡せないときはどうするか

通夜と葬儀のいずれにも出席できないときは、郵送とする。

その際、お悔やみと参列できない理由文を同封する。

手紙の内容は、訃報を聞いた際の気持ち、遺族への慰めといたわり、参加できない理由、故人の冥福を祈る言葉とする。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です