社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

通夜、葬儀の服装 地味にすること

通夜、葬儀の服装 地味にすること

通夜、葬儀の服装 地味にすること

このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜は亡くなった当日の場合も多いので、平服でも可。

葬儀当日は、男女とも黒かダーク系のスーツ

ワイシャツは白無地で、その他は、黒で統一すること。

◎手持ちのダークスーツでもよい

葬儀は故人を弔う大切な儀式である。

慶事以上に服装には気を使うこと。

一般的には準喪服のブラックスーツ。

ついで、略喪服の無地のダークスーツである。

ただし、ワイシャツは無地の白、ネクタイと靴下、革靴は黒とする。

葬式は突発的であるから、自宅だけでなく、会社にも一式そろえておくのがベストである。

女性の場合は黒のワンピースが基本。

スーツなら男性と同様に黒、もしくはダークスーツ。

◎常備すべき喪服と最低限守るべき服装

ブラックスーツ(ダークスーツ)・白のワイシャツ、黒のネクタイ・黒の靴下・黒の革靴を常備しておくこと。

喪章は遺族側(または葬儀運営者)の印、数珠は仏教徒だけである。

◎女性のアクセサリー

シックでおとなしい、地味なものとする。

真珠の1連ネックレスやブローチなど。

注意すべきは、デザインや形である。

仏教式の葬儀に十字架のデザインでは、故人と遺族に対し失礼である。

指輪も結婚指輪など以外は控える。

◎男性の正しい喪服スタイル

ブラックスーツは、軽薄な感じのものは避ける。

カフスやネクタイピンは地味に。

ダークスーツの場合、ストライプは控える。

黒に近いものとする。

◎女性の正しい喪服スタイル

黒のワンピースのアクセサリーは真珠か黒の同系色で地味に。

ストッキングは黒か肌色。

靴やバッグも黒。

スーツも黒かそれに近いもの。

ブラウスは白。

パンツや長めのスカートで露出を少なくすること。

◎通夜と葬式で服装を変えるべきか

通夜は突然であるから、地味ならば平服でも問題はない。

もし、派手な服装なら、そこにジャケットを羽織るなど一工夫する。

ただし、葬儀は、時刻がはっきりしているのだから、ただしい服装で弔問し、参列しないと遺族に対し、大変失礼にあたる。


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です