社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

第一印象アップ術
このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間は外見より中身が大事」とは、よく言われることであるが、ビジネスにそんな時間はない。
ファーストイメージで好印象を持たれることがある。

メニュー

男性の服装

男性のスーツは、会社の顔である。

スーツは相手への例を尽くすための第一歩で、「社会人としての立場」と「礼儀」をスーツで表現する。

また、その着こなしが、相手の会社からの印象を左右する。 (さらに…)

女性の服装

女性の服装には、ルールがない。

“マナー”として周囲との調和を考える。

色は、ベーシック、ニュートラル、アクセントの3色を調和させる。 (さらに…)

ワイシャツ

スーツを汚れから守るために生まれたのがワイシャツである。

ワイシャツ1枚でいるのは感心しない。

白は本来は、式典用である。

色の淡いカラーシャツを加える。 (さらに…)

ネクタイ

ネクタイの一本で印象が変わる。

柄は、コーディネートしやすい無地からそろえる。

チェックは遊びのスタイル、ストライプは元々学生や軍隊用。

素材は万能なシルクからそろえ、コーディネートの幅を広げる。 (さらに…)

靴とベルト

ビジネスは、信頼が第一である。

ひもの無い靴や先のとんがった靴はおしゃれだが、遊びの印象を与えるので感心しない。

女性の場合は、足の指を見せないパンプスがベスト。

動きやすくフォーマルである。

出社後に履き替えるならブーツやヒールでもよい。

男女いずれも出社後に足元を見られて周囲に悪印象を与えないように心掛ける。 (さらに…)

カバン、ビジネス小物

カバンは、書類を折らずに入れられ、立てられるタイプとする。

色は靴に合わせるのがベスト。

腕時計は、男女ともスーツに合うシックなものとする。

ブランドものやダイバーズウオッチ系は感心しない。

カバン・腕時計ともにトータルコーディネートの最終関門である。 (さらに…)

ウエアの手入れ

スーツは日々の手入れで寿命が伸び自分自身のスーツになる。

アイロンをかけることは必須。

毎日パリツとしたシャツを着る。

これは、ビジネススキルのひとつ。 (さらに…)

メイク、ヘアスタイルの基本

自然な化粧が理想である。完璧主義はダメ。

化粧が目立たないように自然に。

しっかりメイクしても仏頂面ではダメ。

豊かな表情が周囲から注目される。 (さらに…)

ボディケアの基本1(におい)

自分のにおいは自分では気づかないが、周囲に不快感を与えていることがある。

においの印象は長期間残るので、マナーとして消臭対策を日常の習慣にすること。 (さらに…)

ボディケアの基本2(指先等)

書類や商品を提出する時、指先を必ず見られる。

手入れの悪い指先では、相手に失礼である。

鼻毛1本でも、出勤前と商談前にはチェックすること。 (さらに…)

カジュアルスタイルの基本

革靴に合わせると失敗しない。

露出は、腕、足など、1か所だけとし、ほかは隠すのがビジネスマナーである。 (さらに…)

色彩効果による自分自身の気持ちの高揚

人は、身につけている色によって、気持ちが変わる。

当然、相手に与える印象も変わる。

そうすることにより、ビジネスの場でも大きな力を発揮するはずである。 (さらに…)