社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

社内業務とマナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の手順について疑問を持つ新人が急成長する。
社内業務のノウハウをマスターして、ベテラン社員を目指す。

メニュー

仕事の基本 気持ちよく円滑に進めるためのルール

ルールの存在理由が2つある。

それは、仕事の関係者を不快にさせないことと、効率的に仕事をするためである。

仕事は必ず集団でするものである。

自分の周囲には、サポート役、監督役、応援役がいる。 (さらに…)

あいさつの基本 誰のためのあいさつか

まず、あいさつは自分のためである。

きちんとしたあいさつは相手に爽快感や信頼感を与え、職場の環境が良好となる。

人物評価も上がる。

さわやかな笑顔と快活なあいさつは会社のイメージアップにもなる。 (さらに…)

立ち方・お辞儀の基本 基本動作である。確実に

美しさより実直さが重要である。

モデルのまねをせず、安定感優先で。

お辞儀は、状況で使い分ける。

相手のほか「どんな気持ちを込めるか」でも変わる。 (さらに…)

イスの座り方・入退室の基本 相手や周囲の人に配慮すること

座り方、すなわち姿勢で仕事ぶりの良し悪しを判断されることがある。

入退室のマナーとは、室内にいる相手への配慮である。

つねに「在室中」を想定して対処する。 (さらに…)

役職の呼称・よびかけ方 縦型組織の理由は、効率とリスク回避である

作業効率向上と、利益の増進のためには、命令系統の明確化・単純化が不可欠である。

そのための役職の存在である。責任・権限の範囲は、利潤追求を目的とする民間企業では、リスク回避を極限まで考え、区別されている。 (さらに…)

始業前の準備 本来の業務即開始のために

当然のことながら、15分前の出社で、労働環境を点検整備すること。

始業前でも一日の仕事のためのルールを守る。 (さらに…)

終業前の心得 上司への報告と翌日の下準備

終業前には、一日の業務の進捗(しんちょく)状況を上司へ報告し、退社準備に取りかかる。

退社する前に、翌日の業務スケジュールを立てておく。 (さらに…)

雑務について 雑務を企業運営のために大切にすること

裏方仕事でも雑にしないことコピーミスひとつで商談が大失敗ということもある。

お茶、文房具、コピー等ささいな仕事でも使う相手の身になって考えること。

雑用を軽んじると、人間性と仕事への姿勢を疑われる。 (さらに…)

指示の受け方 疑問を解消し、内容と意図を正確に把握すること

内容と相手の意図を正確に把握し、仕事を気持ちよく引き受けること。

仕事量や期限などの不安については、事前によく相談すること。 (さらに…)

報告・連絡・相談(ホウレンソウ)が仕事の基盤

自分は実務、Aさんはアシスト、上司は決裁というふうに、ビジネスはチームワークである。

入社3年までは、経験不足から判断に迷うことも多い。

そこで失敗しないためのホウレンソウを確実に実行する。

「ホウレンソウ」とは、「報告」「連絡「相談」のことである。 (さらに…)

仕事を依頼するときの基本 わかりやすさと気づかいのひと言を

わかりやすさを第一とする。5W3H(後述)で、具体的に説明すること。

必ず質問を受け、相手の理解度を確認する。

そして、相手の負担を軽くするひと言を付け加える。 (さらに…)

短期スケジュールの基本 業務を「見える化」と段取り能力

短期スケジュールの基本は、自分の仕事を文書化・図式化して優先順位を決めること。

段取りが大切である。所定の時間より早めに期限を設ける。

上司や先輩との連絡を蜜にする(経過報告と疑問点の解消)。 (さらに…)

長期スケジュールの基本 線の思考と短期目標がカギ

線の思考とは何か。

それは、期限厳守がビジネスの基本ということである。

それを実現するためにいつまでに何をするかを逆算して作業を割り振る。

長期の場合は、予期せぬトラブルの発生や作業の遅延を考慮して、余裕のあるスケジュールを組む。 (さらに…)

手帳の活用術 手帳はビジネス万能ツールである

手帳は、時間と場所を選ばず、思い立った瞬間に使用可能である。

仕事と自分の好みに合わせて形式を選ぶことができる。 (さらに…)

デスクの整理術 個人のスペースではない、仕事の場である

机上は、重要書類を作成し、電話で顧客と話しをする場である。

整理整頓が大事である。

書類や資料を出しっぱなしにして、捜せないようでは、事務処理能力を疑われる。 (さらに…)