社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

会話術
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネス会話に難しい敬語などは不要である。コツさえつかめば誰でもできる。

メニュー

ビジネス会話の基本 目的達成のためのビジネススキル

すべてのビジネス会話には、到達すべき目的がある。

相手に対しては、自分は会社の代表者であり会社の方針を代弁していると意識して対応すること。 (さらに…)

ビジネス敬語の基本 自分の立ち位置を表現する便利なツール

敬語は、人間関係を表現する。

ビジネス社会では、上司と部下、身内と外部等相手との距離感を示す効果がある。

敬語の使用法により、高評価にも低評価にも直結する。

自己成長のための第一歩である。 (さらに…)

よく使う言い回し ビジネスを円滑に進める洗練された言葉

簡潔で、失礼にならず、ビジネスを円滑に進められる言葉がある。

ちょっとした工夫で相手との距離を縮めることができる言葉がある。 (さらに…)

ビジネスでの話し方 相手の興味を引く方法を考える

相手が複数の場合、いちばん影響力の強い人を中心に考えて話す。

相手が興味を引くことから始める(売上倍増、集客率倍増など)。 (さらに…)

ビジネスでの話の聞き方 たとえポーズでも興味を示すこと

あいづちやうなずきなどで相手の興味を引くことを心がける。

そうすると、話し手は雄弁になる。

ビジネスの話は、理解したあとで、重要点を問いながら聞く。 (さらに…)

言いにくいことを伝える あくまで人間関係。相手に合った対応をする

大事なことは、マイナス表現をせず、プラス表現をすることである。

誰にでもプライドがある。

ときには1対1でおもいやりをもって接する。 (さらに…)

電話応対の基本 業務把握のため積極的にとる

電話に応対することは、業界を学ぶ絶好の場である。

各部署の役割や社員の担当分け、取引先や案件の進捗まで分かる。

電話にゼロから接すると考えて、マニュアルを目の前に置き、先輩のやり方を見習う。 (さらに…)

電話応対~かけ方~ 電話のかけ方を軽くみないで、準備してからかける

原則として就業時間内にかける。

ただし、昼休みや始業直後・終業直前など先方が多忙と思われる時間はできるだけ避ける。

電話は、相手の作業を中断する行為であるからできるだけ手短に、短時間で済むようにする。

事前に要点を整理しておく。 (さらに…)

電話応対~取り次ぎ~ 覚えれば簡単 新人のメイン業務

用件、名前、数字等を確実に聞き正確に伝える。

保留のまま何分も待たせず、スムーズに担当者に取り次ぐ。

または、折り返し電話する旨伝える。 (さらに…)

電話応対~担当者不在~ 不在時の対応は3パターンだけ

不在の理由を知ると、対応のしかたは、さほど難しくない。

「折り返しご連絡を差し上げましょうか」のひと言で、「電話をかけ直してもらう」「こちらから折り返し電話する」「伝言を受ける」の3パターンとなる。 (さらに…)

伝言の残し方 メモと口頭の二段構えで確実に

◎伝言メモのポイント

  1. 電話のあった日時
  2. 誰あての電話か
  3. 先方の社名・部署名・氏名・連絡先
  4. 用件を簡潔に
  5. 電話を受けた者 (さらに…)
クレーム電話の基本 苦情には、誠意をもって適切な対応をすること

原因がわかるまで、むやみに謝らないこと。

最初に電話という手間に対する謝罪をし、あとは誠心誠意対応する。

原因が判明したら、上司や先輩の協力も得て適切な対処法を決める。

独断専行はだめ。 (さらに…)

携帯電話の使い方 商談中に鳴ったら?相手のことを考えて

移動中や商談中かもしれないので、固定電話以上に相手へ充分な配慮をすること。

携帯電話は途中で会話が途切れることもある。

重要な用件や複雑な話はミスリードのもとになるのでだめ。 (さらに…)