社会人として身につけておきたいビジネスマナー

「ビジネスマナー」とは、心構えや行動、身だしなみ、考え方・受け取り方、話し方、聞き方など、要するに「社会常識」である。

対顧客マニュアル

席次~乗り物編~安全性と快適性を相手の好みで判断する

席次~乗り物編~安全性と快適性を相手の好みで判断する

乗り物の席次は、「安全性と快適性」によって決まる。

自分と相手、運転者の立場を把握するのがポイント。

乗り物の席には顧客の好みを優先する。

◎席次の対応は臨機応変に

乗り物の席次で乗用車の場合は、安全性重視で、後部座席の運転者側が最上位である。

ただし、同行者が運転する場合は、運転者への気づかいから助手席には同格の人が座る場合もある。

列車や飛行機では窓側が上座で、通路側が下座である。

以上は原則であり、顧客や上司の好みがあれば、そちらを優先する。

座席の汚れぐあいによっては、「変わりましょうか」と申し出る。 (さらに…)

来客をもてなす基本 笑顔と思いやりが肝要である

来客をもてなす基本 笑顔と思いやりが肝要である

お茶は、顧客と担当者のあいさつが済んだあと、席について商談に入る前に出すのがベストタイミングである。

顧客の上座から下座、自社側の役職順に。

お茶を出す際は相手の右側から、書類のちかくに置かないこと。 (さらに…)

アポイントメントの基本 お客さま訪問の第一歩

アポイントメントの基本 お客さま訪問の第一歩

確認事項のリストをつくる。

事前に事前に自分と同行者のスケジュール、訪問先の住所などを確認。

候補日を数日確保しておく。

日程が決定しだい、日数や訪問人数などを復唱して確認。

スケジュール帳に書き込み、同行者に報告する。 (さらに…)

他社訪問の基本 自分は会社の代表者である

他社訪問の基本 自分は会社の代表者である

訪問・面談の時間を厳守すること。

相手に時間を割いてもらっている点を意識すること。

他社に入った瞬間から自社の代表者である。

身だしなみや礼儀を怠らないこと。

◎受付に立つ前に準備を済ませる

他社訪問で大切なのは時間の管理である。

約束した時間の5分前には受付に到着していること。

会社の代表者であるから、身だしなみを整え、礼儀正しくふるまうこと。

応接室でも、同様である。

最初は自分からあいさつし、話を切り上げるのも自分からである。

また会社を出たあとも周囲に注意して、噂話などは慎む。 (さらに…)